PAGETOP

不動産購入・リフォーム

住宅リフォームイメージ

不動産の購入や住居のリフォーム等をする場合、まとまったお金が必要になります。
そのため、不動産担保ローンでの資金調達が有効な場面が多数あります。
利用する経緯や条件、注意点をシチュエーションごとにまとめました。

不動産購入のため

新築のマンション

居住用の家を購入する場合、多くの方は「住宅ローン」を利用するのではないでしょうか。
住宅ローンも抵当権を付けて取得物件を担保にしますが、ここでは一般的な住宅ローンと不動産担保ローンを切り離してご説明します。

まず前提として、不動産担保ローンの場合は所有者になっていない物件を担保にすることはできませんので、マイホーム購入時は基本的に住宅ローンしか選択肢がありません。
あえて不動産担保ローンを利用するケースとしては、以下のシチュエーションが考えられます。

住み替え 現在住んでいる家を担保に入れ、新居の購入資金に充てるケース
事業用の資金調達 投資用物件や事業目的で取得するために元々持っている不動産を担保に入れるケース
手付金や初期費用 手付け金やローンを組めない初期費用を払う資金を確保するケース

住み替え等で新たに不動産を購入する場合、すでに持っている物件を担保に入れる流れになります。
住宅ローンの場合は「審査に時間が掛かる」「重複して利用が出来ない」「事業用(投資用)の資金として利用出来ない」といった特徴がありますが、不動産担保ローンであればこれらのデメリットがありません。

返済計画によって要件が変わる

不動産購入時は借入額が高額になるケースが多いため、長期返済を計画しているのであれば金利重視で選ぶのが良いでしょう。
また、「つなぎ融資(将来的に担保に入れた物件を売却して返済する等)」であれば、金利よりも初期費用や審査の柔軟性、借入スピードが重要になってきます。
用途に応じて臨機応変にサービスを選択するのが重要です。

リフォームのため

綺麗にリフォームされたリビング

家のリフォームは、規模によっては数百万円以上かかってしまうことも珍しくありません。
高額融資の場合は不動産担保ローンをリフォーム会社から提案されることもあり、中には金融機関側と提携している業者もいる程です。

ただし、リフォーム会社から紹介される金融機関よりも他の金融機関(銀行等)の不動産担保ローンの方が好条件なケースもありますので、審査に自信がある場合は複数の金融機関を比較検討した方が良いでしょう。
なお、リフォーム目的の場合は、使途自由の不動産担保ローンよりもリフォームローン(使途をリフォームに限定したローン)を活用した方が好条件になることもありますので、多角的な視点から検討を行うことをお奨めいたします。
不動産担保ローンやリフォームローンによって、金利・限度額・審査時間が様々なので、時間に余裕を持って各種ローンの比較・相談を始めるようにしてください。