PAGETOP

競売回避

一軒家が並ぶ道

ローンの返済が出来なかった場合、担保として提供している不動産がオークションにかけられてしまいます。
これを「競売」といい、当該手続によって所有権は落札者へと移り、売却額は元所有者の元へと支払われます。

なお、売却金は元所有者の手に渡る前に「抵当権者(債権者)」へと支払われるため、金融機関側は損をする可能性がより低くなり、安全に融資することができる仕組みです。
一方で債務者側は家を失ってしまいますので、競売を回避するために奔走するケースがほとんどです。
当ページでは、競売を回避したい場合の対策方法や不動産担保ローンの活用方法についてご紹介したいと思います。

競売リスクは常にある

長期返済遅延を起こすと、債権者は裁判所に申し立てることで不動産や車など高額な資産を差し押さえることができます。
そのため、仮に不動産を担保に入れていなくても、債権者は財産を差し押さえた上で競売手続にかけることが可能なのです。

なお、不動産担保ローンの場合は、担保として提供している「不動産」が競売にかけられますが、無担保ローンの場合は不動産よりも先に「給与・貴金属・預貯金・有価証券」などが優先的に差し押さえられるケースが多いです。
なお、すでに住宅ローンや銀行融資で不動産を担保に入れている場合、新しく不動産担保ローンを利用するのが難しいです。
そのため、不動産担保ローンで競売を回避するには、残債よりも価値のある不動産である必要があります。

遅延を起こす前に対処する

競売やブラックリスト(信用情報機関の事故情報掲載)入りを回避するには、当然ですがそもそも返済遅延を起こさないことが重要です。
競売直前まで追い込まれていると、担保価値の高い不動産を持っていても不動産担保ローンの審査に通らなくなってしまう又は実行に間に合わないといった事態に陥る可能性があります。

さらに、不動産担保ローンの審査では担保不動産の評価と申込者情報の双方がチェックされ、すでに長期遅延を起こしていたり、他の借入で遅延が発生していたりすると審査に通らなくなってしまいます。
そのため、競売を完全に回避したいのであれば、長期返済遅延を起こす「前」に資金調達することをおすすめいたします。

なお、3か月以内の“短期遅延”の場合、現在遅延している分を一度返済してから不動産担保ローンを申し込めば、より審査に通りやすいです。

また、「高金利だが審査が通りやすいローン商品でとりあえず一括弁済し、のちに不動産担保ローンでまとめて返済する」というのも一つの手です。

利用計画をしっかりと立てる

OKサインをする女性

仮に不動産担保ローンで競売を回避したとしても、当然ですがお金を貰えたわけではありませんので、その後も新債権者に返済を続けていく必要があります。
それどころか、不動産を担保に入れたことで差し押さえられる若しくは競売にかけられるリスクは高まります。

そのため、他の借金の返済資金で不動産担保ローンを利用する場合は、他の解決策とも比較した上で慎重に検討しましょう。
直近のローン返済を工面する場合、中長期で見て確実に返済できる見込みを持っていることが望ましいです。
なお、不動産担保ローン“以外”で出来る競売の回避方法としては以下が挙げられます。

借り換えで一本化(おまとめ)する

返済遅延を起こしそうな状況であれば、新たな借金をするよりも借り換えをして無理のない返済計画に組み替えた方が良いです。
おまとめローン向けの商品は様々ですが、不動産担保ローン等でまとまった借り入れを行い一本化するという手もあります。

一時的な出費ではなく、長期的に返済資金の工面が難しい場合は、不動産担保ローンによる借り換え・一本化をして月々の返済額や利息負担そのものを軽減させるようにしましょう。

債務整理する

債務整理にはいくつかの種類がありますが、最も軽度な「任意整理」であれば、金融機関側との交渉によって競売を回避できる可能性があります。
特に、既存の借入が不動産担保ローンではなくフリーキャッシング(担保なし)であれば、任意整理や個人再生で競売を回避しながら借金問題を解決できる可能性が高いです。
不動産担保ローンで借り増しすると債務整理する際の選択肢が少なくなってしまう場合がありますので、債務整理を検討している際は事前に専門家に相談するようにしてください。