PAGETOP

資金用途別不動産担保ローンの活用法

不動産を担保に資金を調達する

不動産担保ローンは“使途自由”であるため、幅広い用途の資金調達に活用できるという特徴があります。
なお、主要な不動産担保ローンの資金用途別活用法とシーンに応じた注意点を見ていただければ、不動産担保ローンの特徴とメリット・デメリットがより分かりやすくなります。
自分に合った有効な活用法や資金問題の解決策を探す上のヒントを得られるかもしれませんので、是非あらかじめチェックしてみてください。

不動産購入・リフォーム

家の設計図と電卓

家の購入やリフォームのために、現在住んでいる家や他の所有している不動産を担保に入れて資金調達するのは自然な流れです。
不動産購入の場合は「住宅ローン」、リフォームの場合は「リフォームローン」という選択肢がありますが、不動産担保ローンはどのようなシーンで有効なのでしょうか。
住み替えによる引っ越し費用・投資用物件取得・住宅ローンに組み入れられない費用・リフォーム費用といった、様々なコストの利用可否等についても併せてご紹介いたします。

マイカー購入

車のダッシュボード

マイカー購入の場合は購入する車を担保に入れる(所有権留保)マイカーローンが主流です。
あえて不動産担保ローンでマイカー購入する場面としては、マイカーローンの審査に通らない・個人売買・販売店以外で行うローンに組み入れられない高額なカスタムをするケースなどが挙げられます。
また中古車や商用車の場合は実質金利で見て不動産担保ローンの方が安くなる事例もあるので、マイカー購入時も不動産担保ローンを選択肢に入れて比較検討するとよいでしょう。

教育・結婚・介護

夫婦と勉強する子供

教育・結婚・介護は大きな出費となることが多く、不動産担保ローンの使途としても上位に入る事柄です。
教育ローンやブライダルローンをはじめ、用途に応じた目的別ローンがありますが、不動産担保ローンを選んだほうがお得なケースがあります。
長期分割をしたい、金利を重視したい場合等に是非活用してみてください。

生活費

家計簿を付ける様子

生活費が足りない場合は、消費者金融やカードローン、カードキャッシングなどのフリーキャッシングで資金調達するのが主流です。
不動産担保ローンは初期費用が掛かるので少額かつ短期借入には向いていませんが、フリーキャッシングの審査に通らない・まとまった生活費を確保したいといったシーンでは非常に重宝します。
昨今は不動産担保ローンとフリーキャッシングの使い分け方法に変化が見られるので、注意点を理解した上で生活費の調達を目的にした不動産担保ローンを検討してみてください。

借り換え・一本化

おまとめローンイメージ

既存の借金を借り換え・一本化(おまとめ)したい場合にも不動産担保ローンは有効です。
高金利の借入をしている場合や複数の目的別ローンを借り入れている場合、借り換えや一本化により月々の支払額・振り込みの手間を少なくすることができます。
メリット・デメリットや不動産担保ローンの活用が有効になる金利の目安は状況に応じて変わってきますので、活用事例をまずはチェックしてみることをおすすめします。

運転資金

握手する男性

法人や個人事業主が事業の運転資金を調達する場合、不動産担保ローン・銀行融資・公的融資・ビジネスローン(商工ローン)など、様々な選択肢があります。
事業用資金かつ運転資金として活用する場合は「審査」「金利」「スピード」「借入限度額」等から総合的に見て判断するようにしてください。
メリット・デメリットをはじめ、確認すべきポイントと判断基準についてまとめました。

つなぎ融資

木漏れ日

不動産担保ローンは原則として「つなぎ融資」には不向きです。
ただし、銀行融資・公的融資・補助金・助成金は審査に数か月を要しますので、不動産担保ローンを活用する余地があります。
資金調達法の種類・最終的な支払う金額・初期費用等によって損か得かが分かれますので、事前にしっかりとシミュレーションする必要があるでしょう。
リンク先では活用事例をまとめておりますので、注意点を理解し、リスクヘッジした上で不動産担保ローンによるつなぎ融資を検討しましょう。

競売回避

オークションハンマー

フリーキャッシングなど、不動産を担保に入れていないローンでも、長期遅延を起こしてしまうと財産が差し押さえられる恐れがあります。
競売回避するには、競売直前まで悪化した状況になってからではなく、返済遅延を起こす前に対処しなければなりません。
なお、不動産担保ローンを利用すると債務整理が困難になってしまうケースもあるので、ご利用の際は注意が必要です。

シーンに応じて最適な選択を

不動産担保ローンにはメリットとデメリットが混在しており、用途が限定されている目的別ローンの方が好条件であることも十分に考えられます。
不動産担保ローン・目的別ローン双方の利用が可能なのであれば、両者をしっかりと比較検討した上で決定することが望ましいです。
いざという時に選択を間違えないためにも、有効なシーンを事前に把握しておきましょう。