PAGETOP

秘密裏借りたい

秘密のイメージ

家族に内緒で不動産担保ローンを利用したい!
中にはそんな方もいるかもしれません。

結論から申し上げますと家族に知られずに利用することは可能です。
ただし、消費者金融のフリーキャッシングや銀行のカードローンに比べると、不動産担保ローンの方が第三者に知られてしまうリスクが高いです。
当ページでは知られてしまうポイント・注意点をはじめ、周知を防ぐための対策方法や役立つ情報をご紹介したいと思います。

注意すべきシーン

不動産担保ローンの利用が第三者に知られてしまうシチュエーションの代表例としては以下が挙げられます。

担当スタッフからの自宅への電話
担保不動産の現地調査
契約書類・返済予定表・明細などの郵送書類
引落し口座(通帳を見られてしまう等)
不動産の登記簿謄本
返済遅延による連絡(電話や督促状)

不動産担保ローンは無担保ローン(フリーキャッシング)と比べると、借入する時の手続や書類のやり取りが多いです。
そのため、郵送や電話連絡により家族に知られてしまうケースが特に多くなっています。

家族に秘密である旨を伝える

消費者金融のフリーキャッシングは家族に秘密で借りる方が多いため、何も伝えなくても無闇に家族へ連絡しないように配慮してくれます。
しかし、不動産担保ローンは額が大きいため家族に秘密で借りる方はあまりおらず、金融機関の担当スタッフは家族から同意が得られていることを前提に連絡を行います。

したがって、最初に希望条件として「家族に知られたくない」と伝えておくことをおすすめいたします。
金融機関側もプロですから、一言伝えるだけで自宅への電話や訪問を控えてくれます。

ただし、不動産担保ローンでは郵送書類のやり取りだけはどうしても回避できません。
小規模な街金融であれば金融機関名を伏せて個人名での郵送を行ってくれる場合もありますが、銀行や大手ノンバンクはそのような配慮まではしてくれません。
大手消費者金融のフリーキャッシングや銀行のカードローンならWeb明細を活用することで郵送書類を抑えることができますが、不動産担保ローンではWeb管理を行っている金融機関が今のところ無いのが現状です。

家族に秘密裏で借りるための方法

前述した通り、不動産担保ローンを家族に内緒で利用するのは非常にハードルが高いです。
しかし、全くの不可能というわけではありません。
バレないための立ち回り”“リスクを極力抑えた方法”をご紹介します。

STEP1~言い訳ができる借入先を選定する

前項でも軽く触れましたが、不動産担保ローンを利用する場合、郵送書類のやり取りだけはどうしても回避できません。
これにつきましては“書類が届いていても違和感がない借入先を選ぶ”という手法がお奨めです。

例えば、普段から利用している銀行からの手紙であれば家族は特段気にすることはないでしょうし、新たに利用を開始した銀行であっても「ネットバンク開設した」「少額投資をはじめた」等と予め説明しておけば、不動産担保ローンを利用しているとは気付かれづらいです。
念のため、どのような郵送書類が届くのかについても予め確認しておくとよりよいでしょう。(郵送書類に「明細書在中」と書かれていないか、など)。

STEP2~顔合わせしないための調整

不動産担保ローンは申込から借入までに時間と手間がかかり、条件によっては担当者が家に来て現地調査を行います。
言うまでもありませんが、現地調査で家族と顔を合わせるような事態になってしまっては目論見が全て水の泡です。
担当スタッフに対して家族に秘密にしたい旨を予め伝え、自宅への電話や余計な郵送書類のやり取りを極力少なくする等の段取りを行いましょう。

なお、このような調整・希望については、銀行や大手消費者金融よりも小規模貸金業者の方が柔軟に対応してくれる印象です。

STEP3~いつも通りに振舞う

不動産担保ローンは担保として提供する不動産に対して抵当権設定登記を行いますので、家族に登記簿謄本を見られると100%知られてしまいます。

お金に困っている様子を家族に見せないようにするのはもちろん、利用した事を態度に出さないようにし、怪しまれて登記簿謄本を取得されるような事態にならないよう努めましょう。
なお、返済遅延を起こすと自宅に電話や手紙が多く届くようになってしまいますの、家族バレを防ぐ上では御法度です。
万が一どうしても入金に間に合わないような場合には、自ら電話連絡を入れて支払い予定時期を伝えるようにしてください。

正直に話すのも手

正直に家族と話す男性

以上、バレない為の対策についてご紹介してきましたが、これらを完璧に実践するのは簡単ではありません。
不動産担保ローンは長期返済を伴いますし、万が一登記簿を見られてしまうと今までの苦労が水の泡となりますので、秘密を守り続けることが大きなストレスになってしまいます。

したがって、可能であれば事前に家族から承諾を得るのが望ましいです。
精神的な負担を軽くするためにも、しっかりとすり合わせた上で利用することを強くおすすめします。