PAGETOP

ハウスドゥ

ハウスドゥのサムネイル
査定時間の目安 5日~40日
賃貸更新保証 △(プランによる)
仲介対応 原則なし
対応可能エリア 全国(一部地域を除く)
宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(2)第8077号

ハウスドゥの特徴

ハウスドゥは全国600店舗以上展開する大手不動産販売・仲介チェーンです。
店舗の多くはフランチャイズ加盟店ですが、ハウスリースバックは本部が各店舗と連携しながら直接対応しています。
2013年に大手では業界初のハウスリースバックを扱った歴史を持つ、世間にリースバックのシステムを普及させたパイオニア的存在です。
「ハウスDoリースバック(R)」で2014年に商標登録を行い、現在は短期やリフォームしてから住み直せるリースバックなどの幅広いプランを取り揃えています。

特徴1業界最速スピードのプラン

通常のリースバックは問い合わせから入金まで40日前後を要しますが、ハウスドゥの「クイックリースバック」であれば最短5日のスピード入金が可能です。
登記情報を元にした簡易査定になるので通常よりも買取額が下がる可能性がありますが、とにかく資金調達まで時間がない場合に検討してみてください。
このほかにもハウスドゥでは、短期やアセットリースバック(事業用地向け)、高齢者住替えリースバックなど多彩なプランを用意しているので、状況に応じて最適なプランを選ぶことができます。

特徴2賃料が優遇されることも

ハウスドゥでは、賃貸契約を締結するときに敷金を多く入れることで賃料を減額する「敷金増額制度」を用意しています。
敷金は、通常使用に伴う劣化の範囲であればそのまま変換されるお金ですので、売却資金の中から敷金に回す余裕があれば、月々の支払いを抑えることが可能です。
つまり、売却額だけでなく、売買価格及び賃料の双方で納得できる条件が提示できる点がハウスドゥの強みの一つなのです。

特徴3ここ数年で急成長を遂げる

ハウスドゥの決済資料によると、2018年四半期ではハウスリースバックの売上が前期比3倍以上、2019年四半期では契約件数が前年同期に比べて190%アップしています。
ハウスドゥは前述したとおり2013年よりハウスリースバックをスタートさせましたが、ここ数年で成長スピードが一段と高まっていることが分かります。

成長している要因は、ハウスリースバック市場全体が成長を遂げていること・全国の銀行と提携したハウスリースバック事業をスタートさせたこと等が挙げられます。
一部の銀行ではリバースモーゲージの審査に落ちてしまった顧客に対し、同社のハウスリースバックを紹介するというケースがあり、信頼性が高い資金調達法として認識が広まってきたという背景もあるようです。

ハウスドゥの総評

ハウスドゥはハウスリースバックのパイオニア&最大手の不動産会社です。
全国対応で多彩なプランを扱っているので、ハウスリースバックに興味がある方は一度相談してみる価値があるでしょう。

特別目立ったデメリットもなく、売却額・賃料の双方で非常に評判が良いのが特徴です。
さらに、高齢者向けに定期的な電話と訪問を行う「安心コールサービス・おてつだい訪問サービス」や、売却時のサポートを行う「売却時支援制度」なども人気を後押ししている要因と言えます。

まずは公式サイトをチェックして、自分に合ったプランやサービスの詳細を確認することから始めてみてください。
大手であるため強引な勧誘を受ける可能性が低く、ご自身のペースで検討することが可能です。

ハウスドゥの詳細はこちら