PAGETOP

銀行系東京スター銀行

東京スター銀行公式サイトのスクリーンショット画像
商品名 東京スター不動産担保ローン
金利タイプ 変動金利・固定金利
金利の目安 0.85~8.35%
融資可能金額 100万円~1億円以内
融資期間 1~20年
来店 原則必須

東京スター銀行の特徴

東京スター銀行の「東京スター不動産担保ローン」は、他社からの借入残高があっても借り換えに応じる等の柔軟対応で、特に個人の方から人気が高いローンプランです。
変動型又は3年・5年・10年固定の合計4つのプランから選ぶことができ、業界屈指の低金利が魅力となっています。

申込方法は審査・正式申込までは来店不要であり、土日祝日も営業しているフリーダイヤルのコールセンターの用意もあります。
契約は基本的に来店必須ですが、郵送契約に関する明記もあるので近くに店舗がない方でも気軽にお問い合わせしてみてください。

もちろん、店頭でじっくり相談できる個別相談会にも対応しています。
資金使途は自由で1年からの短期契約が可能ですが、審査に時間がかかることに加え、初期費用は高めなので中長期での資金計画を立てたい方におすすめです。

特徴1金利と事務手数料について

2019年11月現在の金利は変動金利0.85~8.35%・固定金利1.15~8.75%ですが、金利は住宅ローン金利を基準に定期的な見直しを行っているので、必ず最新情報のご確認ください。
なお、2019年10月末の日銀金融政策決定会合にて、超低金利&金融緩和を長期的に継続する見込みがアナウンスされているので、短期的な金利上昇リスクは低いです。

ただし、初期費用については融資額に対して2.2%の事務手数料と印紙代・登記費用が実費で必要となります。
基本的にノンバンク系より低金利になりますが、短期の借入は総コストが高くなることがあるので注意しましょう。
借入可否・適用金利までは来店不要で審査回答が可能なため、気になった方は気軽にご相談してみてください。

特徴2団体信用保険に加入可能

申込年齢は契約時の年齢が満20歳以上69歳までで、完済時の年齢は84歳以下です。
オプションの団体信用生命保険に加入する場合は、契約時年齢満55歳以下完済時年齢75歳以下になるのでご注意ください。

団体信用生命保険に加入する場合は、保険を付けない場合に比べて金利が0.3%上乗せされます。
長期間の返済計画を立てる子育て世代の方などは、住宅ローンのように死亡時のリスク回避をしながら高額な借入をすることができます。

特徴3一括返済が無料

東京スター不動産担保ローンはインターネットからの手続きに限定して、一部一括返済・全部一括返済を手数料無料で利用できます。
銀行系不動産担保ローンで無料の繰上返済に対応している所は少ないので、利用者からの評判が非常に高いです。

ただし、無料の繰上返済を利用するにはネットバンキングを活用する必要があるため、店頭で相談しながら手続きを進めたい方は注意が必要です。
また、返済額の40%以内を上限にボーナス払いを併用することができますので、月々の返済負担を少なくしたい方は長期契約&ボーナス払いを設定すると良いでしょう。
資金に余裕がある際に随時繰上返済を進めていくことで、利息の負担を軽減できます。

実際の利用例

考える男性
大学生の子供が2人いて、なおかつ家の水廻りリフォームのためにまとまった資金調達が必要となり、東京スター銀行さんに相談しました。トラックの運転手と警備の仕事を掛け持ちしておりますが、いずれも非正規雇用です。非正規でも利用は可能でしょうか?
相談結果

正社員勤務ではないですが、2つの仕事の合算が年収500万円ほどあるので、柔軟な審査をして頂けました。激務なので団体信用生命保険に加入できるのも心強かったです。あと数年で子育てが落ち着くので、子供が就職したら仕事を減らしてマイペースに返済していこうと思っています。

東京スター銀行の総評

東京スター銀行は、銀行系の中でも特に不動産担保ローンの対応領域が広いです。
低金利で借りたい方から審査に不安のある方まで幅広く対応できるので、気になった方は手軽に問い合わせしてみてください。

来店不要で手続きを進めるサポート体制は業界屈指なので、不動産担保ローンを検討しているけど、時間に余裕がない方にもおすすめです。
なお、初期費用が高め最長20年と考えると、有効なシチュエーションが短期から中期に限定されます。

短期の場合は金利が安くても総コストが割高になり、20年超えの超長期の借入は対応できないので注意しましょう。
使途自由のため、特別な事情で資金調達が必要な方や、消費者金融などからの借り換えで利用する方が多いようです。

郵送OK!金利重視の銀行系不動産担保ローンなら「東京スター銀行」公式サイトへ