PAGETOP

銀行系滋賀銀行

滋賀銀行公式サイトのスクリーンショット画像
商品名 ジャストサポート不動産担保ローン
金利タイプ 変動金利
金利の目安 3.375~7.875%
融資可能金額 300万円~3,000万円以内
融資期間 1~25年以内
来店 不要

滋賀銀行の特徴

滋賀銀行は名称の通り滋賀県に本店を置く地方銀行ですが、ジャストサポートフリーローン(不動産担保型)は来店不要のため、全国どこからでも利用できます。
がん保障付きの団体信用生命保険がオプション加入でき、3親等以内の親族の保有不動産にも対応(不動産価格3,000万円まで)している点が特徴的です。

土日祝日も夜9時まで営業しているコールセンターの用意もあり、いざという時のセーフティーネットとしても期待できます。
ただし、事務手数料が高い・利用時に滋賀銀行の口座開設が必要などの注意点がありますので、あらかじめ詳細をご確認いただいた上でご利用ください。

特徴1来店不要契約の条件

Webや郵送で来店不要契約をする場合は、仮審査申込時にキャッシュカード発行済みの普通預金口座をフリーローン返済口座にする必要があります。(滋賀銀行の口座を持っていない方はローンの仮審査承認後にアプリか来店で口座開設すれば問題ありません。)

契約時に必要な書類は本人確認書類、健康保険証、住民票等になりますが、銀行側から別途書類を指定される可能性がありますので、事前にご確認ください。
なお、登記簿謄本などの取得は不要となっておりますので、各種書類の取得が面倒…という方でも手軽にご利用が可能です。

特徴2団信はがん保障付き

滋賀銀行の不動産担保ローンは、金利に0.3%上乗せすることで、がん保障付きの団体信用生命保険に任意加入することができます。
他の銀行では「がん保障なし」で0.3%上乗せが相場なので、安い保険料で手厚いオプション内容だと評価できます。

団信に加入した場合、死亡・高度障害・ガンと診断された時点で借入残高が0円になりますので、万一のケースに備えたい方は、当該オプションを付けることをお勧めいたします。

初期費用は一律11万円

契約時の事務手数料は一律11万円です。
不動産担保ローンは借入額に対して1.1~2.2%の事務手数料が相場ですので、ケースによっては割高とも言えます。

仮に1,000万円の借入で1.1%だった場合の事務手数料は11万円になるので、1,000万円超えの借入であれば事務手数料は相場より割安と言えますが、最低借入額相当(300万円)の場合は他銀行よりも割高になりますのでご注意ください。
なお、抵当権設定の登記費用は事務手数料に含まれているため不要となります。

実際の利用例

考える男性
消費者金融とカードキャッシングで400万円の借金があり、さらに家のリフォームで300万円必要でした。借入と借り換えを同時に行おうと画策していた際に「滋賀銀行」の不動産担保ローンを知りました。借り換えによってどのくらい利息を削減できそうでしょうか?
相談結果

仮審査は2営業日。元から滋賀銀行の口座を持っていたのですが、入金までの期間は約1か月でした。金利は3段階あるようで、私の場合は5.5%が適用になったのですが、他社からの借入は平均15%ほどだったので利息を大幅に削減できました。初期費用の負担は大きかったですが、長期返済に借り換えたことで月々の支払い額が少なくできたので満足しています。

滋賀銀行の総評

しがぎんフリーローン(ジャストサポート不動産担保型)の強みは以下の3点です。

来店不要のWeb契約に対応
団信オプションはがん保障付き
手数料は登記費用込みの一律11万円

なお、審査は「セゾンファンデックス」によって行われ、同社の保証審査に通ることが利用の最低条件です。
他の銀行の不動産担保ローンに比べると借入限度額が少ないですが、一般的な戸建住宅やマンションの区分所有を担保に入れて資金調達したい方なら十分対応できます。

利用者の多くは借換ローンとして利用しているので、不動産を担保に入れて月々の利息を少なくしたい方は一度仮審査を受けてみてください。
団信オプションを利用したい方や、限度額の範囲内で高額な借入をしたい方は、お得に利用できる可能性が高いでしょう。

来店不要の不動産担保ローン!手厚い保証が魅力「滋賀銀行」公式サイトへ